プロフィール

takakol

Author:takakol
もう嫁にいけそうにないな~なんて思っていたら、物好きなイギリス人の旦那と結婚。バーミンガムのソリハルSolihullからCheltenham、そして2012年2月にまさかの上海駐在にてグータラ妻やってますう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスでの手術

先週の月曜に卵管造影の手術をしてきました。
と、言っても日本では卵管造影というのだと最近知ったのだけど、どうやら日本とイギリスではやり方が違うみたい。

私の場合卵管の掃除と子宮内膜症の疑いもあるので、それがみつかれば削除しましょうということでした。そしてイギリスではタイトルどうり全身麻酔のもと手術します。去年流産してその後処理をするために同じように全身麻酔をして手術はしてるのでそれとレベルは同じという説明をされました。
ようは朝病院に入って手術自体は20~30分、夕方様子をみて帰宅という流れ。
今回は事情がありプライベートだったの病室も個室トイレ、シャワー、テレビ付き、食事付き。NHSとはやはり扱いが随分違ってびっくり笑

さてやり方の違いだけど日本では座薬などを事前に入れチューブを膣からいれて液体を注入しつまりをみるようで、つまっていると生理の何倍も痛いのだとかネットで書いてありましたが、イギリスでは全身麻酔なのでもちろん痛みどころか眠ってるあいだにすべてが終了なので直後はなんか不思議な感じなのだけど、私は普段から眠りが浅いので全身麻酔で短い時間でも意識無く眠れるのはこんなこと言うのはなんだけどちょっと気持ちよかったりする笑
さらに違う点はイギリスではへその中と鎖骨あたりをホントにキーホールくらい切って、そこからカメラをいれメスをいれるというわけ。なので術後確かにキズはちょっと痛いけど入院するほどではない。

ドクターに手術の結果を説明されたところ、
卵管はきれでつまってなく、子宮も健康でバランスもよいと。子宮内膜症は右に少しそのかけらがあり削除されきれいにしたとのこと。
ドクターに生理などのサイクルが変わるのかどうか聞くと、
特に問題はなかったし基本的には変わらないはずと、そしてさらに術後は子づくり、ゴールデンタイムなんだって爆笑
でもそれも納得できるのは膣からいれてないからダメージがないんだよね。
さすがに傷が痛いので難しいけど、イギリス人はできそうな気がするハハ

今回選んだドクターはNHSで見てもらったドクターだったのだけど、この先生にたのんでホントよかった。
腕がよいとの評判でプラス個人でクリニックを持ってるのでアフターケアもきちんとしてくれてうれしかった。
年内によい報告ができるとよいのだけど。。。

スポンサーサイト

みつけた!

ちょっと奇跡的だけど9月中にブログアップデートなう

イギリスに暮らすようになって色々やりくりするうちに
習慣になってることってやっぱりセール品をチェックとか(主婦の習慣か苦笑)出掛ける時駐車場の有無と値段とか気温とお天気とか(イギリスでは期待できないのが晴天だけど。。。)
まあひとそれぞれだと思うけどチェルトナムに引っ越してきてから私はひそかにTK maxを定期的にチェックしている。特に買うものがなくても行くのはシーゾナルセールが結構あるからね。あとバーミンガムはさすがに大きい街で人口も違うので洋服などはサイズがないケースが多いのだけど、チェルトナムの場合たいていのサイズがあるのだ。
以前旦那はチェルトナムでラルフローレンのシーズン落ちのレザージャケットをジャストサイズで見つけてもちろん即買い

そんなわけで今回もフラ~っとTK maxチェックにいったのだけど、やってました!シーズナルセールhome用品もあるのだけどLe Creusetのセールがやってたのです。
Le Creuset好きだけど定価は結構なお値段なのでなかなか手がだせなくて、でも友達に好きだと言っていたらクリスマスに友人達何人かでお鍋をプレゼントしてくれました。
IMG_2103_convert_20110918212417.jpg

そして今年大台の歳を迎えてさらに他の友人がプレゼントしてくれたのがこちら↓
IMG_2102_convert_20110918212357.jpg
ミニココットの4つセット。色合いがめちゃめちゃカワイイ

しかし今回みつけてしまったのはこちら!!!
IMG_2101_convert_20110918212331.jpg
ティーポット
Le Creusetでティーポットをだしていることさえ知らなかったけど、定価27ポンドのところをなんと12ポンド
超お買い得の一品ですよ奥さん

いつもならそれでも翌日きてもあったら買おうとか思うのだけど、今回は意外性と半額以下、それに何故かすごく気に入ったので即買い
家に帰ってもなお見てはニンマリ、これは大正解のお買い物でした。

コッツウォルズ

せっかくコッツウォルズに住んでるのだから軽く歩きに行こうということになり、
車で近くの丘まで。
コッツウォルズはかなり広い範囲で広がった山並み?丘?でなりたっていて、
いたるところにちょっとしたウォーキング小道がある。
旦那はいつも通勤に通る道にちょうどよいところがあるというのでそこへ。
IMG_1713_convert_20100425224421.jpg

この日はあまり天気がよくなかったのだけど、
そこの高台からはチェルトナムやグロスターの街が一望できなかなか爽快。
ここからフットパスにそって歩きに。
IMG_1717_convert_20100425224530.jpg
雨が降りそうな感じすると旦那、私も雨のにおいがしてるなあと思い、
おなかもすいてきたしランチに行こうと道をもどる。
IMG_1716_convert_20100425224504.jpg

ってなわけでものの1時間あまりの散歩となったけど、
これから天気もよくなって暖かくなったらもっと頻繁に歩きにこようと思ったのでした。
この後ランチをしによったAロードぞいのパブはなかなかおいしかった!
コッツウォルズを歩きパブ巡りなんてのも良いですなあ

Cheltenham

チェルトナムに引っ越してから早1ヶ月。。。

私こんなところに住んでおります。↓
IMG_1697_convert_20100323230221.jpg


ウチの向かいのフラットはフラットというより
ワンフロワーごとのペントハウスのような豪華フラット。
ウチは庶民派文字通りの2ベッドルームのアパートです
このエリアはかなりよいエリアらしく通りは豪邸がならんでおりんす。
IMG_1699_convert_20100323230307.jpg

全体にかなりポッシュめなチェルトナム。
Solihullよりかなりハイソのようです。
やはり歴史もあるし街としてはかなり大きいからかな。
もともと温泉保養地として開けてきた街で、
古くは王族や貴族達の保養地だっただけあり、建物は美しく公園の緑も多い。

IMG_1701_convert_20100323230345.jpg

IMG_1703_convert_20100323230409.jpg

IMG_1705_convert_20100323230434.jpg

噂によるとマドンナの娘はチェルトナムのボーディングスクールにいるとか。

歩いて行けるところにWaitroseがあるけど
我が家は完全なる庶民なので日常の買い物をそこでできるわけもなく、
あいかわらずモリソンズとリドルにてお買い物

期待はしてなかったけどネットの開通まで2週間半かかった。
この時代ネットなしの生活のつらいこと。。。
世の中から隔離されたような感覚だった。
プラス我が家は引っ越す前ヴァージンでテレビを観てたので、
たった5チャンネルもかなりこたえた。
旦那はサッカーが観れないので、毎週末近所のパブへ。
サッカーファンはどこにでもいるもので、
チェルトナムはお上品な人ばかりと思いきや、
パブでファン同士のこぜりあいにも遭遇
まあチェルトナムも普通の街なのねえなんて思ったりして。

これからカフェとかパブとか色々探索するつもりで~す

追記
先週はCheltenham Festivalの一環でチェルトナムレースが行われました。
dont_miss_out.jpg

まあ競馬なんだけど、こちらの競馬は日本のオッサンが赤鉛筆耳にさし。。。
みたいなのとは大違いでハイソな社交場です。
毎年皇族もこのレースにくるそうで、今年は誰が来たか知らないけど、
去年はウイリアム王子とその噂の彼女が来たそうで、
それと一緒にパパラッチもすごかったとか。
来年はマイフェアレイディみたいにおしゃれして素敵な帽子なんぞかぶって参加したいものだわあ

運転デビュー♪

最近車を購入しました。
今までは激古のボルボのエステートに旦那が乗ってたけど、
こちらもちろんマニュアルのうえにパワステもない
でかい車でした。
この車旦那が日産に勤めていた時に、日産のエンジニアの間で
売り買いされて運転されていたちょっとした歴史のある(笑)中古で
旦那はこれを200ポンド(保険のほうが高かった。。。)で購入。
今年MOTでひっかかり修理代がかなりかかるし、
私はマニュアルででかすぎて運転できないし、
旦那は海外に仕事が多いのでほとんど乗らない。。。
というわけでスクラップに。
デカイだけあって引っ越しの時もパーティーの時も
色々な場面で大活躍だったのでちょっと寂しい気もしたけど、
このボルボとさよならしたのが9月のはじめ。

そして旦那の友達に中古車のディーラーがいるので、
電話してなんと同じ日に彼からちょうどいいのが入ったよ!と。
それがこちら↓
AETV25502397_1b_convert_20091007234417.jpg
(写真は私の車ではありませんが、同じモデルの同じ色です)
韓国産でDaewooとかいうメーカーのNubiraという
まったく聞いたこともない車だけどお友達価格で450ポンドで購入。
エステートだけどはるかにボルボより小さい
もちろんオートマなので私の練習車としてばっちり
私としてはもっと小さい車がよかったけど、
旦那曰く大きい車のほうが安全なんだとか。

さて買ったはいいが運転の練習が始まり、
旦那が同乗して練習するわけだけど、これが最悪だった。。。
去年の夏日本で運転した時もそうだったのでわかってはいたのだけど、
やっぱり旦那に教わるのはダメね。
怒鳴るし自分がいったハンドリングじゃないと怒るし、
しかもたちが悪いのは自分は教えるのうまいと思ってとこ
初心者の気持ちがまったくわからないから、
(できれば車線変更したくないのに)車線やたら変更させられるし。
私のころは免許取得に高速教習は強制じゃなかったから、
高速も乗ったことなくて、その高速に勝手に乗せられ、
泣きそうだったし。
で、旦那と一緒だとダメだからしばらくして、
一人で夜車が少ない時に練習して、なんとか自信回復

先日はCheltenhamまで往復もちろん旦那が同乗してだけど行ってきました!
それからバーミンガムの友人宅にも一人でなんとかたどりつけたし。
問題のround aboutにも慣れてきたみたい
笑えるのが行動範囲が広がったと思ってたけど、
ナビもないし出掛ける前の日は念入りに地図をみてシュミレーション
しないといけないので意外に広がってないってこと

早速前のバンパーをガレージにズってへこませ、
気持ちもへこんだけど、練習車だからと言い聞かせてるところ。
今しばらく道に慣れて運転に慣れないとね~
なのでバーミンガムにお住まいの方々、
いずれあなたのお家に運転練習がてらお邪魔する日も近いで~す
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。